FC2ブログ

夏休みグアムにいってきた話①

2018/08/29
たまたま会社の夏休みが8/11-19までだったので、お盆にグアムに行ってきたのでご報告。

ハイシーズンなので航空券とホテルだけのプランなのに旅費だけで1人13万くらいかかったけどそれでも安い方とのこと。

現地行動は、全て自分達でveltraとココ夏通信を使って予約してみた。もちろんこれは別料金。

こうなったら最大限楽しんでやる〜ってことで詳細は次回!
comment (0) @ 未分類

究極の松坂牛カレー

2018/07/30
究極の松坂牛カレー食べて見ました。

うーん肉が見当たらない。

単なるハズレなのかこれが普通なのかよく分からないですが怪しさ満点です。
開封写真なくてすみません、、、。

一個 1,500円 (税込) 

松坂牛カレー

comment (0) @ メモ

忙しい気がする

2018/07/19
職場が変わったのでバタバタしてます。

どこの職場も同じですね。。環境は変わったけど色々と問題がありそうです。

少しづつ解消していくしかないので波に乗るまではじっと待つべしです。w
comment (0) @ メモ

自前Dropboxの作成

2018/06/28
ownCloudという自前Dropboxを作成してみようと思い作り上げたので
その方法をメモしてみる。

■今回は、serversman@vps で以下のプランを契約。

初期費用 0円 月額費用 490円 メモリ 1GB ディスク容量 50GB
IPアドレス IPv4 1個 CentOS7 (64bit) シンプルセット

申し込むとサーバーもすぐに作成することができた。

VPSサーバー情報
IPv4アドレス xx.xx.xx.xx

マニュアルをみると
SSHのポートは  port 3843 になっていた。


■その情報を使ってputtyでログインしてみる

putty download
https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/latest.html

putty起動

ユーザー名 root
password ctl+Insertキーでコピーしたものを送信

root権限を変更
passwd


■Apache httpd 2.4のバージョン確認
yum info httpd

Apache httpd 2.4 自動起動と起動
systemctl enable httpd.service
systemctl start httpd.service

Apache httpd 2.4 ステータスの確認
systemctl status httpd.service


■PHPのインストール

レポジトリを登録
yum -y install epel-release
yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit

PHP 5.6のインストール
yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit

タイムゾーンの変更 (要VIエディッタの操作方法を確認)
vi /etc/php.ini
#date.timezone = "Asia/Tokyo"

date.timezone = "Asia/Tokyo"

Apache httpd 2.4の再起動
systemctl restart httpd

PHPの動作確認
vi /var/www/html/index.php

index.phpに以下のソースを入力し保存

phpinfo();
?>

ブラウザからhttp://xx.xx.xx.xx/index.php にアクセスして
PHPの詳細画面が出てきたらOK

足りない PHP 関連パッケージをインストール

yum install epel-release.noarch
yum install php-pear-MDB2-Driver-mysqli php-pear-Net-Curl


■MariaDB をインストール

yum -y install mariadb-server

/etc/my.cnf の [mysqld] セクションに以下を追記
vi /etc/my.cnf

[mysqld]
character-set-server=utf8  ←2行目に追加

Mariadb の起動と自動起動設定
systemctl start mariadb
systemctl enable mariadb

MariaDBの初期設定
mysql_secure_installation


NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user. If you've just installed MariaDB, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):★そのままEnterキー押下
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] y ★rootパスワードの設定:yを押下してパスワードを2回入力
New password:
Re-enter new password:
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
... Success!


By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them. This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother. You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] y ★匿名ユーザの削除:y
... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'. This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] y ★rootのリモートログインを禁止
... Success!

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access. This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] y ★テストデータベースの削除
- Dropping test database...
... Success!
- Removing privileges on test database...
... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] y ★特権情報リロード
... Success!

Cleaning up...

All done! If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!




MariaDB への 接続・動作確認

mysql -uroot -p
Enter password: パスワードを入力
 :
MariaDB [(none)]>

MariaDB [(none)]> show variables like 'char%';

MariaDB [(none)]> show databases;

MariaDB [(none)]> select user,host,password from mysql.user




■ownCloudインストール

yum -y install wget
wget http://download.owncloud.org/download/repositories/stable/CentOS_7/ce:stable.repo -P /etc/yum.repos.d
yum -y install owncloud
systemctl restart httpd


ownCloudのデータベースとユーザの作成 以下password は任意
mysql -u root -p
MariaDB [(none)]> create database owncloud;
MariaDB [(none)]> grant all privileges on owncloud.* to owncloud@'localhost' identified by 'password';
MariaDB [(none)]> flush privileges;
MariaDB [(none)]> quit


owncloudにブラウザからアクセス
http://xx.xx.xx.xx/owncloud/index.php

※ブラウザに以下のエラーが表示された。

PHP のモジュール intl がインストールされていません。
サーバー管理者にモジュールのインストールを依頼してください。

PHP のモジュール GD がインストールされていません。
サーバー管理者にモジュールのインストールを依頼してください。


上記のモジュールを再インストールする
yum -y install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-gd php-intl

Apache httpd 2.4の再起動
systemctl restart httpd

owncloudにブラウザからアクセス
http://xx.xx.xx.xx/owncloud/index.php

ユーザ名とパスワードを入力後、ストレージとデータベース をクリック。


データベースを設定してください の箇所で MySQL/MariaDB を選択して、
DBユーザ名、パスワード、DB名 を入力。


owncloud
password
owncloud
localhost


最後に、セットアップを完了


ログイン後マーケットにアクセスできないので

nssをアップデート
yum update nss

Apache httpd 2.4の再起動
systemctl restart httpd


■PHP admin のインストール

PHPのバージョンを確認する。

php -v
PHP 5.6.25 (cli) (built: Aug 31 2016 19:17:57)

この環境ではバージョンが5.6なので、下記のコマンドを実行

yum install -y --enablerepo=remi,remi-php56 phpMyAdmin

Apacheのバージョンを確認する。

httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built: Jul 18 2016 15:30:14

この環境ではバージョンが2.4である。
設定ファイルを編集する。

vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf


# Apache 2.4
# Require local
Require all granted   ←追加


Apacheを再起動する。
systemctl restart httpd

http://xx.xx.xx.xx/phpMyAdmin
にアクセスする。ログイン画面が表示されたら成功。


■apacheのドキュメントルートを変更

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

DocumentRoot "/var/www/html"  以下に書き換え

DocumentRoot "/var/www/html/owncloud"

反映
systemctl restart httpd

以降、http://xx.xx.xx.xx でアクセスできるようになる。
comment (0) @ PC

ダイソン最新型掃除機V10を一ヶ月使ってみて

2018/06/22
なかなか書けなかったので感想を書いておきます。

まず5段階中どれくらいの満足度であるかと食べログ風に言ってみますと、
★★★★☆  4.6 評価: レビュー1(自分)   って感じですね。

気に入っているところを書き出してみますと、まずデザインが半端なくマジでカッコいいです。
まるでガンダムの武器が家に置いてあるような感じでとても存在感あります。

次に音がめちゃくちゃカッコいい!
これについてはスターウォーズのR2-D2がそばにいるかのような音を奏でてくれます。
そして吸引力は申し分なく強にするのが怖いくらいです。細かいゴミもあっという間にとってくれます。

ゴミ捨てがめちゃくちゃ楽!ゴミが固まってポンって感じでこんなに簡単に捨てられることに感動しました。
一回使っちゃうともう手放せないですね。 このほかの掃除機はもう使いたくないです。

いいことばかり書いていますが、欠点もあります。

やっぱりまだちょっと重いですね。 最初はぐいぐいいけますが結構疲れます。
そして大きいのでちょっと邪魔ですね。1LDKぐらいの部屋やアパートだと邪魔になってしまうかも。
あとは価格が高いです。2年保証なので2年は使えますが壊れやすいと聞くのでとても心配です。
ちょっと高いですがヨドバシなどで購入して5年保証で使うというのは一つありだと思います。

まぁ色々ありますが、概ね満足しています。ぜひおすすめしたい掃除機です。
comment (0) @ メモ

やたらと忙しい

2018/06/15
なぜかやたらと忙しい日々でほとんど毎日外出かけてます。
掃除機のレビューしようかと思ったんですが、ヤフーのニュースすらゆっくり見てる時間がなく
ブログの存在さえ忘れかけてましたw

でもそんな中、先日行われた史上初の米朝会談をLIVEで見れてなかなか感慨深いものを感じましたねー。
トランプさんはさすがビジネスマンって感じで賛否両論色々問題はありますが
取引に長けており、外交では非常に有能な人物だと思いました。

果たして本当に朝鮮半島の非核化を実現できるのか、これからの北朝鮮の動向に注目したいと思います。
comment (0) @ 未分類

ダイソン コードレス掃除機 V10

2018/05/14
とても暇になったのでノリで買ってみました。

なんと最新式ダイソン掃除機 V10モデル (Dyson V10 Fluffy SV12 FF)!!!

パソコンでポチっとするだけで何でも簡単に変える便利な世の中ですね。

届いたらレビューしたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:75384円(税込、送料無料) (2018/5/14時点)


comment (0) @ メモ

ゴールデンウイーク

2018/05/04
箱根湯本温泉 天成園 行ってきました。
和洋中バイキング&ライブキッチンで大満足♪1泊2食付プランとかいう 1人2万円くらいのプランです。

ここは過去に日帰り温泉でいったことがありましてお風呂が良かったーという記憶だけで今回宿泊してみましたんですがやっぱりお風呂だけはよかったーって感じでした。

というよりも年のせいかバイキング料理が体に合わないっていうか年々辛くなってきてる気がしてまして取りにいくのがめんどくさいし、人がウロウロしてて落ち着かないし、時間制限とか食べる量とか色々気になってしまいとても嫌なんです。

結局バイキングなのに主に食べたのは刺身の小鉢とデザートのメロンという始末。。普通に一人前の料理をお酒を飲みながらゆっくり食べたいものです。

まぁ天気がよかったので、箱根湯本近くの川で風にあたりながらのんびりと過ごせたのでよかったです。
comment (0) @ 未分類

新しい風

2018/04/04
4月になって心身ともに新しい空気が流れ込む季節になりました。

肌で実感するとともに、日々の生活においても新しい空気を感じてます。

職場においても新しい流れができて変わっていくことを喜ばしく思います。

末永く平穏に続くことを願います。 アーメン。ラーメン。僕トンコツラーメン。
comment (0) @ ニュース

ロバート秋山

2018/03/13
ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」

あんまり興味ないけど動画リンクを見つけたのでメモ代わりに貼り付けてみました。
この人多才ですね。うらやましい。
comment (0) @ 未分類